PR

ニューモ育毛剤の副作用はある?可能性と安全に使うためのポイント

ニューモ

さまざまな魅力的な成分がたっぷり配合されている今話題の「ニューモ育毛剤」。

そのユーザーの多くが、高い育毛効果を実感しています。

一方で、効果が高い分だけ副作用も強いのではないか。

その点が気になっている人も多いハズ。

そこでここでは、ニューモ育毛剤の副作用のリスクや安全に使うためにおさえるべきポイントを紹介します。

ニューモ育毛剤の副作用

色々調べてみましたが、これまでにニューモ育毛剤を使って副作用が出たという事例は見つかりませんでした。

育毛剤使用時に起こりがちな、頭皮のかぶれやかゆみなどを感じたという声もありませんでした。

ただ、だからといってニューモ育毛剤に副作用がないと言い切ることはできません。

>>Amazonでニューモ育毛剤を購入はこちら<<

ニューモ育毛剤で副作用の可能性

先に述べた通り、ニューモ育毛剤で副作用が出たという事例を見つけることはできませんでした。

ただ、副作用のない育毛剤というものは世の中に存在しません。

そもそも副作用というのは、ある効果を期待して薬などを飲んだときに現れる、期待される以外の作用すべてが該当します。

そして、この副作用は育毛剤に限らず、すべての薬に起こる可能性があるものです。

そのため、医薬部外品であるニューモ育毛剤にも、副作用を引き起こすリスクがあります。

ただ、副作用が起きるかどうかやどんな症状が出るか、さらにはどれくらい重い症状が出るかは、人によって大きく異なります。

これまでに報告事例が見つからなかったニューモ育毛剤の副作用のリスクは限りなく低いとは言えるものの、絶対に起きないとは言えません。

>>Amazonでニューモ育毛剤を購入はこちら<<

ニューモ育毛剤を安全に使うためのポイント

ニューモ育毛剤に副作用の報告事例は今のところないものの、副作用が生じるリスクがないわけではありません。

そこでここからは、ニューモ育毛剤をより安全に使うためにおさえるべきポイントを紹介します。

最初にパッチテストをする

敏感肌の人やアレルギー体質の人は、本格的に使い始める前に必ず「パッチテスト」を行いましょう。

このパッチテストというのは、ニューモ育毛剤を少しだけ使ってみて肌トラブルなどが生じないかを確かめる簡易試験のことです。

ニューモ育毛剤を腕の内側などの目立たない部分に塗って、30分後と48時間後に変化がないかを見てみてください。

万が一かゆみやかぶれが出た場合、使用を控えましょう。

用法用量を守る

副作用を防ぐ上で一番大切なのは、用法用量を守って使うことです。

ニューモ育毛剤1回の使用量は、17~18プッシュが目安とされています。

気になってたくさん使いたくなる気持ちはわかりますが、自己判断で用法用量を変えるのは非常に危険な行為です。

本来の効果が得られないどころか、副作用のリスクを高めてしまいます。

必ず正しい量を正しい方法で使うようにしましょう。

体調が悪いときは使用を控える

ニューモ育毛剤をはじめとした育毛剤の効果は、継続して使い続けてはじめて現れるものです。

ただ、風邪や寝不足など、体調が悪いときに無理に使用するのはおすすめできません。

これは、体が弱っていると副作用が出やすくなるためです。

不安な人は、体調が悪いときの使用は控えましょう。

まとめ

調べたみたものの、ニューモ育毛剤の副作用が報告された事例は見つかりませんでした。

ただ、人によっては、リスクゼロの育毛剤というものは存在しません。

それは、ニューモ育毛剤も同じです。

本格的に使い始める前にパッチテストを行い、正しい用法用量を守り、体調が悪いときには使用を控えるのがおすすめです。

>>Amazonでニューモ育毛剤を購入はこちら<<

※この記事の内容は2023年4月の情報です。