PR

ニューモ育毛剤は授乳中でも使える?妊娠中でも安心して使う注意点

ニューモ

女性ホルモンのバランスが乱れやすい授乳中や妊娠中は、薄毛や抜け毛に悩まされる女性がとても多いです。

その悩みを解決する手段として、育毛剤が気になっている人も多いことでしょう。

そして、そんな授乳中や妊娠中の薄毛で悩む女性の間で今話題になっているのが、ニューモ育毛剤です。

一方で、いつもと違う授乳中や妊娠中の育毛剤の使用に、不安を感じている方も多いかもしれません。

そこでここでは、今話題の「ニューモ育毛剤」を、授乳中や妊娠中に使用できるかどうか、また、実際に使い始める前に知っておくべき注意点を紹介します。

ニューモ育毛剤は授乳中でも使える

ニューモ育毛剤は、高い育毛効果を期待できる、男女問わず使える人気の育毛剤です。

そして、ニューモ育毛剤の公式サイトに、授乳中の使用を禁止する旨は書かれていません。

ただ、授乳中の女性の育毛剤の使用は、ニューモ育毛剤に限らずいつも以上に注意する必要があります。

授乳中の女性は、ホルモンバランスがデリケートな状態になっています。

育毛剤の使用により、ホルモンバランスがさらに乱れ、母体や赤ちゃんに悪影響をおよぼす可能性もゼロではありません。

授乳中の女性がニューも育毛剤を使う場合、必ず医師にその旨を相談し、指導に従った使用を心がけましょう。

また、薄毛を対策できる方法は、育毛剤だけではありません。

栄養バランスを考えた健康的な食事やストレスの軽減、頭皮のマッサージなどを通して、自然な育毛を行うこともできます。

多角的なアプローチを心がけることが重要です。

>>Amazonでニューモ育毛剤を購入はこちら<<

ニューモ育毛剤は妊娠中でも使える

ニューモ育毛剤の公式ホームページに、妊娠中の使用を禁止する旨は記載されていません。

そのため、妊娠中に使用していけないわけではありません。

ただ、授乳中と同様に、女性ホルモンのバランスが崩れやすい妊娠中の育毛剤の使用は、いつも以上に注意する必要があります。

大切な自分自身やお腹の中の赤ちゃんを守るためにも、自己判断での使用はおすすめできません。

医師に安全性を確認した上で使用するようにしましょう。

また、確認した場合についても、使用時に少しでも違和感を覚えたら、すぐ使うのをやめるようにしてください。

ニューモ育毛剤使用時の注意点

ニューモ育毛剤は、育毛への有効性が認められたセンブリエキス・グリチルリチン酸ジカリウム・D-パントテニルアルコールを含有した医薬部外品の育毛剤です。

また、育毛有効成分以外に、卵黄由来の成分HGPが配合されています。

このHGPというのは、ヒヨコが卵の中で成長し、生き生きと生まれてくる力を研究することで開発された、ニューモ育毛剤ならではの独自成分です。

髪の毛の毛根部の血流を促し、育毛をサポートしてくれる有用な成分。

そして、ほかにはない独自成分だからこそ、他の育毛剤で効果を実感できなかった人でも、ニューモ育毛剤であれば試してみる価値があるといえる特徴です。

ただ、卵黄由来の成分ゆえ、メーカーのホームページ上にもアレルギーがある人の使用は控えるよう明記されています。

授乳中・妊娠中の人はもちろん、アレルギー体質の人は、本格的に使い始める前に必ずパッチテストを行いましょう。

>>Amazonでニューモ育毛剤を購入はこちら<<

まとめ

ニューモ育毛剤の授乳中や妊娠中の使用は、十分な注意を払う必要があります。

特に使用が禁止されているわけではないものの、ホルモンバランスが崩れる授乳中や妊娠中は体がいつもと違う反応を示すこともよくあります。

医師に確認した上で、慎重な使用を心がけるのがおすすめです。

また、ニューモ育毛剤は、卵黄由来の独自成分HGPを含有しているのが特徴です。

アレルギーがある人は、妊娠中・育乳中に関わらず、使用は控えましょう。

>>Amazonでニューモ育毛剤を購入はこちら<<