PR

プルーストクリームは解約時差額を請求される?注意すべきコース名

メディアで話題のデオドラントクリーム「プルーストクリーム」。

汗が気になる季節の、強い味方です。

ただ、そんなプルーストクリームには、解約した際ペナルティではないけど「差額」を請求されるという噂があります。

購入を迷っている人にとっては、ちょっと気になる噂ですよね。

そこでここでは、プルーストクリーム解約時に請求されると噂されている差額の真相を、徹底解説しています。

プルーストクリームは解約すると差額を請求される?


プルーストクリームは、公式サイトから利用できる定期コースに申し込むとお得なうえに、買い忘れを防げて便利です。

また、プルストリームの定期コースには基本、回数縛りがありません。

いつでも気軽にペナルティを課されることなく解約できます。

ただ、プルーストクリームの定期購入について調べてみると、「解約 差額」という気になる関連ワードが出てきます。

そして、利用している定期コースによっては、関連ワードが示唆している通り、解約時に差額を請求されることがある点には注意が必要です。

プルーストクリーム解約時に差額を請求されることがあるという噂は、事実です。

どんな時に差額が請求されるのか、詳しく見ていきましょう。

Amazonで汗ケアのプルーストクリームを単品購入<<

解約時に差額が請求されるコース


プルーストクリームの定期購入を初回のみの受け取りで解約する場合、追加料金を請求されることがあります。

ただ、この追加料金が請求されるのは、、「特別割引」が適応されているコースのみです。

解約時に差額が請求されるコースの名前には、必ず「特別割引」とついています。

プルーストクリームの定期コースに申し込む前に、「特別割引」とついているかを確認するのがおすすめです。

ちなみに、この特別割引というのは、初回のみ破格でプルーストクリームを購入できる特典のことです。

初回で解約した人が破格で購入したプルーストクリームを転売すると、大きな利益を得られてしまいます。

そのような不正転売の横行を懸念し、プルーストクリームの定期購入は、特別割引が適用された初回分だけを受け取って解約した場合、差額の支払い義務が生じるシステムになっています。

解約時に請求される差額の計算方法


プルーストクリームの特別割引が適用された定期コース初回解約時に請求される差額の計算方法は、以下になります。

プルーストクリーム単体通常価格税込み7,238円 − 初回支払い代金 = 差額請求金額

要は、初回のみの受け取りで定期コースを解約した場合、通常価格でプルーストクリームを1本買ったのと同じ料金を払うことになります。

ペナルティを課されるわけではないものの、お得に1本だけプルーストクリームを試せるわけではありません。

Amazonで汗ケアのプルーストクリームを単品購入<<

基本的に解約できないコースもある


「特別割引」とは別に、「特別定期」と記載があるコースには回数縛りが存在します。

特別定期と記載されたコースは、決められた回数を受け取り終わるまで、基本解約できません。

万が一やむを得ない事情で「特別定期」を解約する場合、初回分以外の差額分も請求されます。

請求される差額の計算方法は、

(プルーストクリーム単体通常価格7,238円×購入回数) − (支払い総金額) = 差額請求金額

です。

ただ、そもそも「特別定期」は、解約できない回数縛りのあるコースです。

そのことを理解したうえで申し込むようにしましょう。

まとめ

プルーストクリームの「特別割引」が適用された定期コースを初回受け取り分だけで解約すると、差額を請求されます。

これは、「特別割引」は初回破格でプルーストクリームを購入できる特典なため、1回の受け取りでそのまま解約できると、不正転売の横行につながるためです。

1回の受け取りで解約した場合、初回1本分の購入金額と通常のプルーストクリーム1本分の価格の差額を追加で支払わなければなりません。

また、「特別定期」と記載されたコースには回数縛りがあり、基本的に解約できません。

プルーストクリームの定期コースに申し込む際には、「特別割引」と「特別定期」が適用されているかどうかを事前に必ず確認しましょう。

Amazonで汗ケアのプルーストクリームを単品購入<<

※この記事の価格や内容は2023年8月以前の情報です。