PR

プルーストリームの正しい塗り方は?コツをおさえて汗悩みを解決!

メディアで話題のデオドラントクリーム「プルーストクリーム」。

ただ、正しい塗り方をしないと効果を十分発揮しません。

そこでここでは、プルーストクリームの塗り方の基本とコツ、さらには注意点を徹底紹介します。

プルーストクリームの正しい塗り方


プルーストリームの塗り方は、とっても簡単です。

  1. シャワーかタオルでニオイが気になる場所の汗を拭きとり、清潔な状態にする
  2. プルーストクリームを塗る

この簡単2ステップで、気になる汗のニオイや量をおさえてくれます。

なお、ワキガ対策のイメージが強いプルーストクリームですが、脇以外にも使えます。

汗腺の多い足の裏などへの使用もおすすめされています。

脇に使う場合も、足に使う場合も、同じように使えばOKです。

>>Amazonで汗ケアのプルーストクリームを購入<<

プルーストクリームの塗り方のコツ

プルーストクリームは、

  • ニオイが気になる部分を清潔にしてから使う
  • 適量塗る
  • 寝る前と後の2回+こまめに塗り直す

の3点をおさえて使うと、より効果的です。

以下で、塗り方のコツ3つの詳細を解説しています。

ニオイが気になる部分を清潔にしてから使う


プルーストクリームは、清潔な状態の肌に塗るほど効果を発揮します。

シャワーでしっかり汗や汚れを洗い落としてから使うのがおすすめです。

入浴する時間がない場合についても、最低限汗拭きシートやタオルで汗をぬぐってから使うようにしましょう。

適量塗る


量や回数が少なすぎると、プルーストクリームが本来持つ消臭・制汗効果を発揮できません。

かといって、塗れば塗るほど効果が高まるわけではありません。

脇に使う場合、脇全体が隠れるくらいのクリームが適量とされています。

また、クリームの白さが目立たなくなるまで指で丁寧に塗りこむのも効果的です。

寝る前と後の2回+こまめに塗り直す


プルーストクリームは、寝る前と寝起きに2回使うのがおすすめです。

クリーム自体の殺菌効果は72時間持続することが、第3者機関の実験により証明されています。

ただ、寝る前と寝起きに2回塗ると、プルーストクリームの消臭・制汗成分をより一層肌に浸透させられます。

なお、朝夜2回が基本ですが、汗をよくかく人はこまめに塗り直してもOKです。

プルーストクリームは、持ち運びやすくて周囲にデオドラントクリームであることを気づかれにくいおしゃれなデザインも魅力です。

外出先にも持っていき、汗をしっかり拭きとってからニオイが気になる部分にプルーストクリームを塗り直しましょう。

>>Amazonで汗ケアのプルーストクリームを購入<<

プルーストクリームの使用時の注意点

プルーストクリームの塗り方の注意点を以下にまとめました。

塗りっぱなしにしない


プルーストクリームは、寝る前と寝起きの2回の使用が基本ですが、塗り直すことで、より高い効果を見込めるデオドラントクリームです。

ただ、24時間塗りっぱなしにしてしまうと毛穴などが詰まり、かえってニオイが強くなる原因になりえます。

入浴時には、プルーストクリームをしっかり洗い流す必要があります。

毎日使用する場合についても、一度お風呂でしっかりオフし、肌を清潔な状態にしてから塗り直すようにしましょう。

デリケートゾーンには使えない


プルーストクリームは、デリケートゾーンには使えません。

その旨は、公式HPにも記載されています。

また、デリケートゾーン以外については脇を含めて全身どこに塗ってもOKですが、肌に違和感を覚えたらすぐに使用をやめましょう。

プルーストクリームは基本、敏感肌の人や子供でも使える肌に優しい成分から作られています。

ただ、体質や体調によっては肌に合わない可能性があります。

無理に使い続けるのは絶対にやめましょう。

まとめ

プルーストクリームは、汗が気になる場所を清潔にしてから適量塗って使います。

使用は寝る前と寝起きの2回が基本ですが、汗の量やニオイが気になるときには適宜塗り直してOKです。

ただ、塗りっぱなしは厳禁で、デリケートゾーンには使えません。

>>Amazonで汗ケアのプルーストクリームを購入<<