PR

プルーストクリームは妊娠中も使える?注意すべきポイントを徹底解説

妊娠中は基礎体温や新陳代謝が上がり、いつも以上に汗をかきやすくなることが多いです。

そのため、人知れず汗のニオイや量に悩まされている妊婦さんは多いと言われています。

そのような汗に悩む妊婦さんにおすすめのアイテムが、デオドランドクリーム「プルーストクリーム」です。

ただ、妊娠中の使用となると、体への影響が気になる人も多いハズ。

そこでここでは、プルーストクリームを妊娠中に安心して使えるのか、また、妊娠中に使用する場合の注意点を紹介します。

プルーストクリームは妊娠中使える?


プルーストクリームは、基本妊娠中でも使えます。

その旨は、公式サイトの「よくあるご質問」にも明記されています。

妊娠中や授乳中の使用に関する質問に対して、「基本的に問題がない」という回答が記載されています。

プルーストクリームは、汗のニオイや量が気になる妊婦さんはもちろん、授乳中のお母さんも安心して使えるデオドランドクリームです。

>>Amazonで汗ケアのプルーストクリームを購入<<

妊娠中も安心して使える肌に優しい仕様


プルーストクリームには、合成色素や合成香料、エタノールなどが一切使われていません。

制汗剤をはじめとした汗対策アイテムの多くに含まれるエタノールは、肌のかぶれの原因になりやすい成分です。

プルーストクリームは、エタノールのほか、本来の機能に不要な合成色素や合成香料が使われていない肌に優しい仕様をしています。

また、有効成分であるイソプロピルメチルフェノールは高い殺菌力と裏腹、長年化粧品などにも使われてきた低刺激性の成分です。

高い制汗力を誇る有効成分クロルヒドロキシアルミニウムについても、塩化アルミニウムに肌刺激をおさえる改良を加える中で開発された肌への優しさが特徴の成分です。

プルーストクリームは、妊娠中の人はもちろん、年齢性別問わず、汗のニオイや量に悩む全ての人が安心して使えます。

>>Amazonで汗ケアのプルーストクリームを購入<<

妊娠中に使う場合の注意すべきポイント


プルーストクリームは、妊娠中や授乳中はもちろん、敏感肌の人を含めたあらゆる人におすすめできる肌に優しいデオドランドクリームです。

ただ、だからといって、プルーストクリームがすべての人に合うわけではありません。

プルーストクリームを塗ったところがかゆくなってしまった。

あるいは、赤くなったりかぶれのような症状が出てしまったというユーザーの声も、少数派ではあるものの存在します。

特に、ホルモンバランスが崩れがちな妊娠中は肌の状態が不安定になり、いつもなら大丈夫な成分に体が過剰に反応してしまうことがよくあります。

たとえば、妊娠初期はプロゲステロンというホルモンが増え皮脂の過剰分泌によるニキビや吹き出物ができやすくなります。

さらに、羊水やお腹の赤ちゃんに体の水分が優先して使われるため全身が乾燥しやすく、肌トラブルが起きがちです。

プルーストクリームを塗って肌に少しでも違和感を覚えたら、すぐに使用をやめるようにしてください。

また、不安な人は、本格的な使用を開始する前にかかりつけ医に相談するのがおすすめです。

大事な赤ちゃんがお腹にいる妊娠中は、慎重な行動を心がけましょう。

まとめ

プルーストクリームは基本、妊娠中でも問題なく使用できます。

また、余分な添加物や刺激性の高い成分も使われていません。

妊娠中はもちろん、授乳中や敏感肌の人にもおすすめのデオドランドクリームです。

ただ、すべての人の肌質に合うわけではありません。

特に妊娠中はホルモンバランスの変化により、肌が過敏反応を起こしやすくなっているため、使用には注意が必要です。

実際に使ってみて少しでも違和感を覚えたら、すぐに使用を中止するようにしてください。

不安や疑問を感じたときには、かかりつけ医に相談するのもおすすめです。

>>Amazonで汗ケアのプルーストクリームを購入<<